第19回 2019年1月18日 

なぜ外から日本を見ないと危ないのか?– エネルギーという窓から

田中伸男(たなか のぶお)さん、公益財団法人 笹川平和財団 会長、は国際エネルギー政策の専門家です。今まで日本国内(経済産業省)や国際エネルギー機関(IEA) でのお仕事を通じ、日本と世界のエネルギー政策に地球規模の観点から取り組んで来られました。

私たちの生活や産業に欠かせないエネルギー、特に石油と電力の役割は巨大です。石油がなければ電気は灯らず、スマホの充電も出来ません。

日本から目線を離してエネルギーという切り口で世界の中の日本を見ると、あ!と驚くことが続々出てきます。石油需給のあり方から国際政治まで見えてきます。日本の中だけを見ていては気付きにくいからこそ、貴重です。

日本人からの目線を離れ、広い視野で自国を見るとどう見えますか?
そういう視点を身につけるにはどうすればよいですか?
石油、石炭などのエネルギー資源を持たない日本にはどういう選択肢がありますか?
国際機関てどういうところですか?

世界的な視野からのお話しをうかがいました。

NobuoTanaka_high

セミナー動画を販売します

地球市民塾の動画はここにしかないユニークな価値に満ちています。一本の長さは約90分です。

動画一本に付き、5000円以上の投げ銭をお願いいたします。
お申込の後に”投げ銭フォーム”をお送り致します。

たとえあなたの御参加になったセミナーでも、改めて動画を見ると新しい気づきが満載ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です