通信キャリアにとっては究極のCSRチャレンジ?/Ultimate CSR question for carriers?

3月にガダフィ大佐が携帯とネットを遮断。4月、民主化グループが奪還、更に新たな通信ネットワークを開通。通信のプロは戦争に不可欠。電話会社はこういう場合どうすればいいんでしょうか?エジプトの場合は、外国キャリアは政府に従う他ありませんでした。究極のCSR(企業の社会責任)が問われます。

In March, Col. Gadafi cut off mobile phone and Internet service in March. In April, “a team led-by a Lybian-American telecom” (cited from the source) experts helped to hijack the network back to the rebels and established their own communications network.

This case could be an ultimate CSR (Corporate Social responsibility) question to telecom carriers. In Egypt, foreign carriers, Vodafone and Orange, had to cut the lines as ordered by the Government.

http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703841904576256512991215284.html

Wish you a Happy Easter weekend! Yoshiko Kurisaki
良い週末をおすごしください。 栗崎  由子

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です