第43回 2021年1月29日

ジュネーブからパイプオルガンと宇宙を旅する

インスピレーショントークは、早藤眞子さん、パイプオルガン演奏家、でした。

パイプオルガンて、確かあのバッハもその弾き手だったはず。キリスト教の音楽には欠かせない楽器。音楽家としてヨーロッパで自立するまでには、いろいろな御経験を経てこられたと思います。

そんな世界に入ったのはなぜですか、それも、本家本元のヨーロッパで?
教会音楽の世界に入る困難はありましたか?
日本人の早藤さんが、地元の音楽会の人々に受け入れられ、このお仕事を長く続けて来ることの出来た理由は何でしょう?
早藤さんは、お仕事を持ちながら、お子さんも育ててこられました。どのような工夫をされましたか?

早藤さんからお話しを伺いました。

早藤眞子さん

セミナー動画を販売します

地球市民塾の動画はユニークな価値に満ちています。
一本の長さは、本講座が約90分、放課後が約30分、合計ほぼ120分です。

お申込の後に”お支払いフォーム”をお送り致します。クレジットカードまたは銀行からお支払い下さい。

お支払の確認の後で、動画のリンクを送り致します。このリンクは、お申し込みになったかただけにしかわからないようになっています。

一度御参加になったセミナーでも、改めて動画を見ると新しい気づきが満載です。あなたはきっと驚かれるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です