英語の話し方、ここを変えると大きく変わる (その28) — 英語は赤ちゃん作戦!

【英語も耳から】

生まれたばかりの赤ちゃんは、
言葉を知らないですよね

なのに、日本人の御両親から生まれた赤ちゃんは
どうやって
日本語を身につけるんでしょう?

耳です。
毎日、お母さんやお父さん、
お姉ちゃんや、お兄ちゃん、
多くの人が、日々 日本語で話しかけますね。

赤ちゃんは、それを耳でキャッチして
それから だんだんとマネするようになるのです。

もちろん、
初めはうまく行きません。
聴覚は不充分、
声を出すための顔の筋肉もまだまだこれから

でも、ご家族や周りの人々が話しかけてくれるのを聴いて、
その音をまねして行くうちに、
じぶんでもそれらしい音を出せるようになります。

英語も同じです。
最初に耳を音に慣らしましょう。

でも、貴方は大人、
音だけでは心許ないと感じるかも知れません。

では、聴き取った音がどんな英文になっているのか
目で見て確かめましょう!

次に、聴いたとおりに書き取ってみましょう!

初めの30秒間が大変です
わかります。
でもそれを乗り越えると、
段々に、聴いた音が文字になる速度が上がってきます。

Dream Dictationは、
学ぶ人が、「こんなのあったらいいな」をカタチにした
ディクテーションを練習するシステムです

学びの仲間と一緒に、
1日15分、
あなたもZoom もくもくチャレンジ に
参加してみませんか?

ここに挙げた例はちいさなことですが、これだけであなたの英語は大きく変わります。


毎日 12時15分から15分間だけ
仲間と学ぶ
オンライン もくもく会
毎日楽しく学べるディクテーションコース
受講生募集中!
プログラムとお申し込み

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA