英語の話し方、ここを変えると大きく変わる (8) — Yes, I have — !!!?

この記事をポッドキャストで聴く。

英語で話していると、どうしても日本語脳に引っ張られます。無意識のうちに英語の単語を日本語の構文に貼り付けてしまうのです。本当に多くの人々がコレをやってしまいます。
例えばこういう具合;
“Do you have a book?”
“Yes, I have.”
ここは “Yes, I do.” というところですよね。
“have”を使いたかったら、
“Yes, I have one.” という言い方もあります。
けれども、”Yes, I have.”はありません。
文法の知識では正解を知っているのに、会話になるとついこう言ってしまう。
気を付けて話しましょう。
その練習を積み重ねましょう。
英語には量稽古が良く効きます。
そうすると少しづつ英語脳が育ちます。
ここに挙げた例はちいさなことですが、これだけであなたの英語は大きく変わります。
英語脳を育てて、英語で前向きに自分を語る自由を獲得しましょう!

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
【留学なし、6週間で「英語脳」を作って英会話力をワンランクアップ 】
個人、少人数でオンラインレッスン
栗崎由子の現場で使える英会話レッスンのご案内はこちらをご覧ください。 

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です