第39回 2020年9月18日

海外であなたを待っている、日本語を話す孫に出会おう

インスピレーショントークは、佃 芳史春(つくだ よしはる)さんでした。日本のおばあちゃんと、外国で日本語を学ぶ孫をつなぐコミュニティー「おかえり」を地球市民塾でご紹介したのは丁度1年前、昨年の8月でした。その後、コミュニティーの輪がどんどん広がっています。

佃さんが語って下さいました。

「生きがいが欲しいなあ…」

6年近くの闘病生活を支えてくれた母が、ぽろっと口にした心の声から始まった「おかえり」。海外では世間話がしたくてたまらない日本語学習者がいるらしい。しかし、母は普通のおばあちゃん。日本語を教えたことなんて、もちろんありません。じゃあ、先生と生徒ではなく、おばあちゃんと孫という設定はどうか。教科書もテキストもない。ふらっと遊びに来た海外の孫との楽しい雑談が、画面越しに始まりました。

おかえりは開始から2年がたち、いまでは母以外のおばあちゃんも、たくさん参加するように。「わたしも海外の若い人と日本語でお話ししてみたいわ」、というおばあちゃんを募集しています。

[こんな不安を抱えていませんか?]
・スマホもパソコンも覚束ないけど、そんな私でもできるかしら
・ちゃんとした日本語を、きっちり話さないといけないのかしら
・間違ったことを言ってしまいそう。大丈夫かしら

大丈夫です。「おかえり」が大切にしていることのひとつは、「どんどん間違える」こと。正解は授業や教科書に任せてしまって、ごく気軽に、できないこともスパイスに、孫との世間話を楽しみましょう。

当日は、おばあちゃんと孫が遊びに来てくれるという楽しいサプライズもありました!

セミナー動画を販売します

地球市民塾の動画はユニークな価値に満ちています。
一本の長さは、本講座が約90分、放課後が約30分、合計ほぼ120分です。

お申込の後に”お支払いフォーム”をお送り致します。クレジットカードまたは銀行からお支払い下さい。

お支払の確認の後で、動画のリンクを送り致します。このリンクは、お申し込みになったかただけにしかわからないようになっています。

一度御参加になったセミナーでも、改めて動画を見ると新しい気づきが満載です。あなたはきっと驚かれるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です