英語の話し方、ここを変えると大きく変わる (16) — 即興スピーチのコツ(備忘録)

この記事をポッドキャストで聴く。

きょうは自分新記録!
幕張ベイサイド トーストマスターズクラブの例会で 二つのベストに選ばれました。EvaluationとTable Topic Speechです。

わーい!

どちらもぶっつけ本番の短いスピーチです。
自分としては こんなことができたからかな、と思うことをここに書き留めておきます。

全体として 
・集中力。自分の全エネルギーをかき集め、聴き手にメッセージを届けることに集中する
・いきなり本題に入る。これは短い持ち時間を有効に使うため。挨拶は不要。

Table Topic(1-2分の短い即興スピーチ)
・話す内容が一つ閃いたら迷わないで、それをネタに話を展開する
・構成は、言いたいこと(メッセージ)、その理由、例を挙げる、言いたいことに戻って締めくくる。(これは奇しくも前日のワークショップでTTチャンピオンのトミーさんから教わったばかり!)

Evaluation (誰かのスピーチの論評。2-3分)
・論評するスピーチをした人の成長を本気で願う。心は言葉に表れる
・良い点を2点とその理由
・更に改善するための提案を2点とその理由

◆次回の目標

  • 良い点、改善点を最後にもう一度要約して述べてから、スピーチを締めくくりたい
  • 良い点、改善点を3点づつ挙げられるようになりたい。
  • それらの内容が3分半の持ち時間に収まるよう、簡潔に話したい

ここに挙げた例はちいさなことですが、これだけであなたの英語は大きく変わります。
英語脳を育てて、英語で前向きに自分を語る自由を獲得しましょう!



無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です