第42回 2020年12月18日

不良少年だった僕が、どうやってプノンペンで子供たちの先生になったのか?

海外教育支援者・あっちゃんこと、森嶋厚博さんは、カンボジアの首都プノンペンで日本人学校の教員をしておられます(2020年12月現在)。

ところが、そうなるまでの人生を伺うと誰でもビックリ!それをご本人は「中学で学年最下位の成績だったからこそ、ボランティアで更正した事実が生きてきますね」と笑っておっしゃるのですが。

今、学校の先生になっている方が中学校では不良だった?
すると、森嶋さんは笑ってこんなお話しをしてくださるではないですか!

小学校1年の頃、定年退職する男子教諭に「森嶋くんは、私の教員人生で一番大やんちゃな児童でした」と評される。
小学校の頃、ケンカばかりするので親が礼節を学ばせようと空手をならい始める。(4年生時八王子市で組手空手で優勝)
担任との折り合いがつかず、教師に反発ばかりする小学校時代をすごす。
中学・高校とボクシング .大学では、我龍一家という武闘派グループに入り、我龍真吾選手の下でキックボクシングを習う。
中学の頃の補導暦は2回。 全く勉強せず、夜中に遊んでいるところを補導。 高校の頃、府中市の不良グループの抗争に巻き込まれ、府中警察より府中市に入らないようにと警告される。
不良エピソードとしては、大したことないことばかりです。

そして森嶋さんのこういう行動力は、今の森嶋さんを作った鍵ではないかと思います。
例えばー
・クメール語×日本語の学習動画作りに挑戦
・チャンスがあったので在外の日本人学校教員に応募、幸運にも力を入れて学習支援したかったカンボジアの日本人学校のポストをゲット

子どもの大好きな心優しい先生が、誰かの敷いたレールに乗らず、自分で道を切り開いていく生き方を、森嶋さんから伺いました。

教師との折り合いが悪かった私だからこそ、教師に嫌われがちな児童の味方でありつづけることができると思っております。

森嶋さんとカンボジアの子供たち

セミナー動画を販売します

地球市民塾の動画はユニークな価値に満ちています。
一本の長さは、本講座が約90分、放課後が約30分、合計ほぼ120分です。

お申込の後に”お支払いフォーム”をお送り致します。クレジットカードまたは銀行からお支払い下さい。

お支払の確認の後で、動画のリンクを送り致します。このリンクは、お申し込みになったかただけにしかわからないようになっています。

一度御参加になったセミナーでも、改めて動画を見ると新しい気づきが満載です。あなたはきっと驚かれるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です