第38回 2020年8月 15日

初めてのボランティアでカンボジアに行って気づいたこと

インスピレーショントークは、河野大介(こうの だいすけ)さん、日本の大手資産運用会社に勤務される現役の会社員です。
河野さんは、あるきっかけでボランティアとしてカンボジアに行き、水に関わる公衆衛生改善事業にかかわりました。
河野さんがカンボジアのボランティアに行ったきっかけは、会社のプログラムを見たことでしいた。
ボランティアも、発展途上国に行くことも初めてでしたが、豊かな国ではできないような新しい経験をしよう、人々の生活を豊かにする大きな事業に参加できるのではないか、と思われたそうです。

行先はカンボジア北西部のシエムレアプでした。世界遺産のアンコール遺跡の拠点として有名な町です。
河野さんが関わった事業は、汚れた水の有害物を取り除き安全な飲み水にする「バイオサンドフィルター」という濾過装置の製作を手伝い、それを農村の家を一軒づつ訪ねてを取り付けることでした。
農村部に行ってビックリ。
同じカンボジアの中でも、観光で賑わう都市部とのあまりの落差に驚きました。
安全な水が蛇口をひねればいくらでも出てくる世界と大違い!
河野さんの訪れた村には流水がなく、人々は雨水を溜めたり、穴を掘って水を溜めたりしていました。こういうことが病気などに直結していても不思議はありません。

なぜ、このボランティアに参加しようと思い立ったのですか?
カンボジアでは、どんな活動をされたのですか?
河野さんのいらした村で、どのようなことに気づかれましたか?
カンボジアから見ると、日本はどのように河野さんの目に映りましたか?
日本に戻られて、ご自身にどんな変化がありましたか?

河野さんからご体験やこれからの生き方まで、興味桴海お話しを伺いました。

河野大介さん

セミナー動画を販売します

地球市民塾の動画はユニークな価値に満ちています。
一本の長さは、本講座が約90分、放課後が約30分、合計ほぼ120分です。

お申込の後に”お支払いフォーム”をお送り致します。クレジットカードまたは銀行からお支払い下さい。

お支払の確認の後で、動画のリンクを送り致します。このリンクは、お申し込みになったかただけにしかわからないようになっています。

一度御参加になったセミナーでも、改めて動画を見ると新しい気づきが満載です。あなたはきっと驚かれるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です