30年ぶりに戻ったら (55) — ここも紅葉の無い秋

【紅を飛ばしていきなり茶色?】

最近家の周りの木々の葉が茶色くなってきた!

枯れてるんだろうか?今年の秋の長雨と台風のためだろうか?

でもどこかおかしい。

あ、これは紅葉だ!季節は黙々と冬支度を始めてるんだ。葉っぱは赤くないけれど。

木々の葉が赤くならずにいきなり茶色くなる秋なら私は良く知っている。😲

ジュネーブに紅葉はなかった。日本と同じ種類の木々でも、葉っぱは茶色くなりそのまま落葉する。だから山には色彩が乏しい。情緒のない秋景色だと思ったものだった。

正確に言うと私がジュネーブに住んだ20数年間のうち、山の木々が赤く色づく秋は2度だけあった。そういう年は、9月に晴天の日が多かった。日本に比べれば晴天の極端に少ないジュネーブには珍しい年だった。

今年の秋、関東地方は雨続き。晴天の日はまだ数えるほどしかない。ああ、だからきっと木々の葉は赤くならずに一遍に茶色くなったんだな。きっとジュネーブと同じことが起きたんだろう。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

シャンシー村の秋

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:紅葉のない国もある。今日は、自分にとってのアタリマエは他の国では違うと想像する日にしよう。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です