30年ぶりに戻ったら (70) — 雪が降るほど暖かい日本

もうビジネス英会話におどおどしない!
あなたに合わせた個人レッスンを御提供します。

*******************

【”寒い”には上がある】

これも日本の寒さの話🤔

朝のニュースで名古屋で雪が降ったと聴いたある母子の会話である:

母「名古屋は寒いんやね」
私「あったかいから雪が降るねん。晴れた日は寒いよ。」
母「雪が降ると寒いのよ。私は雪の深い北陸で育ったから知ってるんよ」
私「私は気温が零下20度になるトロントで二回冬を越したんよ。晴れた日は放射冷却で地上の暖かい空気が全部空に上るから、地上は凍てつくねん。空気中の水分が凍るから雪は降らないし。雪の降る日は雲が低くて地上の空気にフタをするから、気温は上がるんよ」

話は噛み合わないままで終わった。

私はカナダとスイスで、「寒い」を上回る寒さの表現を二つ知った。「凍てつく」と「痛い」である。零下16度以下になると本当に皮膚が痛いのだ。😲

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

冬のモンブラン

イタリア側から見る冬のモンブラン

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:暑い、寒いもまた、大きい、小さいと同様相対的な感覚なのだ。今日は寒暖、大小などの形容詞に関する自分の思い込みを疑ってみる日に。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です