30年ぶりに戻ったら (74) –日本語が通じるんだから何とかなる!

【やっぱり日本語はありがたい】

先日母が事故に遭い、入院、手術、転院と思いがけないできごとが続いた。

当たり前だが、事故は前触れも無く起きる。

その後は、色々なことが一度に押し寄せてくる。病院、診察、手術、リハビリ病院、加害者側との対応、保険会社、ケアマネさんへの連絡、、あの書類、この書類、この支払い、あのハンコ、、おっと、母の世話を忘れてはならない。

一度の事故はこうして否応なく私の生活を巻き込む。

もう、やるっきゃない!😤

煩雑な書類を書くために、あちこちの問い合わせをしていて気がついた。

これ、初めての経験じゃない。

ヨーロッパに住んだ30年間、色々なことが起きた。自分の交通事故、手術、国際引っ越し、保険、医者、クルマの処分、、。
(交通事故の話はこちらへ→「ボクが居眠りしてました。」でもあやまらない。ヨーロッパ人を読み解く

よく考えると私はそれをぜんぶフランス語でやってきたのだった。

ふ、フランス語で、、😱と怯える余裕なんかなかった。ひたすら前に前に進めて、気がついたら今日まで来た。

それを考えると、私は今、全てを日本語でやりとりしているではないか!😳

なんて楽ちんなんだろう!

修羅場をくぐってきた私、この山場もきっと乗り切れるだろう。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: ここは日本語が通じるのだ、怖いことはなにもない!きっとなんとかなる。あなたは大丈夫。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

無料メールマガジン「EJDメール」

2 thoughts on “30年ぶりに戻ったら (74) –日本語が通じるんだから何とかなる!

  1. 平野まり子 より:

    由子さん、大変! 母上の具合はいかがでしょうか。
    どうぞ体調を整えてお過ごしくださいね。
    平野まり子

    1. Yoshiko KURISAKI (栗崎由子) より:

      平野さん、温かいお気持ちをありがとうございます!長い入院となりましたが、気持ちだけは強く持ってくれています。平野さんもご自愛下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です