30年ぶりに戻ったら (190) — 季節の変わり目、夏から冬

この急な気候変化に、一晩で季節が変わるジュネーブを思い出す。

今朝は気温が一気に10度下がりました。
今までの毎日、日中の気温は30度近くまで上がって、蒸し暑かった。
10月に入ったというのに、どうなってんの?
じっとしていても背中に汗をかき、
私はほとんど毎日洗濯していました。

一晩で季節が変わった感じ。
ああ、ジュネーブがそうだった。

ジュネーブも夏は結構暑くなるのです。
30度ぐらいになることもある。
そういう時、空気が乾燥しているだけに
日中の日射しは強烈です。

それが、9月も半ばに差し掛かると、
ある晩、野分が吹き荒れます。
野分は木々の葉を一気に落とす。
そして翌朝、気温がストンと
一気に落ちる。
翌朝、太陽にもう力は無く。
ああ、あの強い日射しは、
アルプスの南に去ってしまったんだなあと、
毎年思いました。
日没がみるみる早くなり、
ジュラの山頂が白くなる日はもうすぐです。

こうして、季節は夏から急に冬に変わります。
秋と呼べる日々はあるにはあるけれど、
それは秋というより初冬でした。
それで気がつきました、
日本て、ゆっくり、ゆっくり季節が変わるんだ!

今朝の肌寒さ。
あんまり日本らしくない季節の変わり目だなあ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

Chancyの森、秋

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA