30年ぶりに戻ったら (63) –やっぱりムッとして、それが懐かしいスイス

【お客様は神様じゃない】

先日見慣れない差し出し人からメールが届いた。あやしげなハッカーか?と思ったが、メールアドレスを良く見ると、私がスイスで使っていたU銀行のアドレスのようだ。

今頃なに?と思ってメールを開けると、なつかしくも腹立たしいスイスの香りが立ちのぼってきた。

「あなたは私たちの銀行にお問い合わせになりましたね。つきましてはこの番号に電話してください○○(スイスの電話番号)。」

これこれ、これですよ!

スイスでは、というよりおそらくヨーロッパではどこでも、お店や会社がお客に電話をかけさせるのだ。

日本ではあり得ないのではないか、こんなこと?日本では「お客様は神様」であるぞ。

30年に亘る欧州生活でたいがいのことには慣れた私だが、自分が用事があるのにお客に電話をかけさせる、それを言って平気でいる精神にはいつも嫌な感じを受けていた。しかも今回は国際電話だ。こういうところ、私も結構頑なな日本人なのかもしれない。

腹立たしいからメールでこう言ってやった。

「御連絡をありがとう。では、XX-XXX番(私の電話番号)に電話してください。なおこちらの時間はスイスより8時間進んでいますから注意されたし。」

翌日そのメールの差し出し人氏から電話がかかってきた。そして要件はすんなり終わった。

ほらね、スイス人だって言えばわかるのだ。

だけど、どうして人に言われないと自分からお客に電話してこないのか?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:世界に名だたるスイスの銀行の顧客サービスがこうなのだ。日本のサービス業の人々ももっと大らかでいいのではないか?その方がお互い楽ではありませんか?

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です