30年ぶりに戻ったら (124) — 何度見ても思う、傘立ては日本の安全の象徴だ

【あなたの傘を置き去りにせよですと?!】

わたしはいわゆる治安の悪いところで暮らしたことは無い。しかし、持ち物を、見張りも付けず、なにかに括り付けもせず、持ち主が姿を消して平気という国はなかった。

日本には誰も傘を盗っていく人がいないからこそ、傘立てを使える。

しかし、ここまで安全とは!

あなたの傘を置き去りにせよですと?!

先日上野の芸大美術館に応挙展を観に行ったとき、建物入り口にあったこの看板は、応挙と同じくらい日本を象徴している、と私の目には映った(写真)。😳

安全に関する限り、日本と比べれば、ヨーロッパに勝ち目は無い。

あ、一つあった!🤫

スキー場で、昼食休憩のためにスキーを脱いで、多くの人々は斜面の途中にあるレストランに入る。その時、スキーは外の雪の中に立てておく。スキーにカギをかけるわけでも無し(←それは不可能だろう)、どこかに括り付けることもしない。わたしも何度もそうした。実を言うとスキーから離れる一瞬、いつもちょっと心配だった。しかしスキーを持ってレストランに入るわけにもゆかず、誰もがするようにわたしスキーを外に立てかけておいた。

それだけだったなー、自分の持ち物から目を離した記憶は。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

信頼の象徴

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたは自分が気付いている以上に、この安全な環境に護られている。感謝しよう、あなたの社会に。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です