英語の話し方、ここを変えると大きく変わる (その18) — あなたが真っ先

【「あなた」が真っ先】

この記事をポッドキャストで聴く

例えばあなたがビジネスの現場で自己紹介するとします。

役職、あなたの名前、会社名

この三つをどういう順番に並べて、自己紹介しますか?

きょう、ある機会に10人の日本人が英語で自己紹介する場に立ち会いました。かなり英語を話すことには慣れた方たちでした。

ところが10人が10人とも、この順番だったのです!

会社名、役職、あなたの名前

英語に慣れた方たちでも、とっさの時には日本語脳が自動的に作動するのですね。

日本社会で日本語で自己紹介するならこれが大半の習慣です。けれども英語の自己認識は違います。

話し言葉ですから、時と場合により異なることはありますが、基本の順番はこちらです→

あなたの名前、役職、会社名

英語ではいつも「人」が先に立つ、つまり、「あなた」が真っ先に来ます。これが英語脳の語る、自分の姿です。

言い換えると、組織よりも、肩書きよりも、名前、つまりあなた自身が先に来ます。

あなた」がこの世で一番大切なのです!

ここに挙げた例はちいさなことですが、これだけであなたの英語は大きく変わります。
英語脳を育てて、英語で前向きに自分を語る自由を獲得しましょう!

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です