第66回 2022年12月 17日 フィリピンで日本語教育にチカラを尽くすわたしの生き方

インスピレーショントークは、マリア・タンテオさん、フィリピンの日本語教師の会会長、です。フィリピンで最初に介護のための日本語を教えたのもマリアさん!

キーワード:フィリピン、日本語、教育、フィリピンから見る日本

マリアさんは経験豊かな日本語教師として、後進の先生方がフィリピンにいても、教師自らも日本語を生き生きと学び続けられる仕組みを作ろうと、心を砕いておられます。

マリアさんが日本語を学び始めたきっかけは何でしたか?
日本語を学ぶフィリピンの人々にどのように成長して欲しいとお考えになりますか?
日本に働きに行くフィリピンの若い人たちに、どんなアドバイスをしたいですか?
日本人にフィリピンのどんなところをもっと知って欲しいとお思いになりますか?

フィリピンと日本との間で生きて来たマリアさん、日本からだけでは見えないことが沢山ありそうです。マリアさんにお話しを伺いました。

マリアE タンテオ さん

無料メールマガジン「EJDメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA