30年ぶりに戻ったら (45) –誰もヒトの話を聞いてない

目からウロコの理解と気づき満載の国際ビジネスコミュニケーション コーチングで、外国企業との交渉に自信が持てるようになります。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【ちゃんと聴いてる?】

How are you doing?

よくある英語の挨拶。私はこれが苦手だ。どう答えればいいのかよくわからない。
そう言う方は相手の近況を知りたいわけではない場合がほとんどだからだ。

どのくらい相手の言うことを聞いていないか、一度試したことがある。相手は私の下心を知らない同僚だ。

(同僚)”How are you doing?”
(私)”I’m sick. ”
(同僚)”That’s good.”

ほらね!

日本人は笑いを答えや相づちの代わりに使うことが多いと思う。話を穏やかに引き取ってやり過ごそうというサインかも知れないが、相手の言葉を良く聞いてないことが多いことにかけては、How are you doing?と言う人々といい勝負だ。

「私はジュネーブでリストラにあって、50代で失業してね、大変だった」というと、大抵の人は言葉で答えず、笑いを返す。

これ、笑うこと?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:適当な相づちも必要だが、真剣に聞くことはもっと大切。

IMG_0390

牧草の刈り取り、グリンデルワルドの8月

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です